読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャツと私 〜松屋銀座〜

以前少し触れましたが、かなりシャツ派な時期がありました。


最近はそうでもないですが、一年のうち350日くらいはシャツを着ていました。

(真夏以外ですね)


自分の中ではカットソーと同じくらいの感覚で、デイリーウェアであり、実用品。


なので、高いのから安いのまで色々なシャツを買いました。


結果、自分なりの着やすいシャツというものが出来上がってきました。


面倒臭がりで、革やデニムのように使う程味が出るものが好きな自分の基準は


①普通に洗濯できる

②アイロン掛けなくて良い

③カジュアルでもキレイ目でも着れる

④適度な運動量が確保されていて、楽

⑤タフな作りと素材


と並べると多いですが、割と普通です。


これに該当するのがオックスフォード生地のボタンダウン。

自分の中では定番。


そんなオックスBDの、1つの完成形だと思うのが


individualizedshirts

f:id:GMTinc:20170224123623j:plain


のシャツ。


このジャンルの、1つのマスターピースだと思います。


f:id:GMTinc:20170224170714j:plain

カスタムシャツファクトリーとしての技術は素晴らしく、オーダーシャツのように作られる既製品。


色々細かい部分での良いところはたくさんありますが、



自分の中でインディビの魅力は



着やすくて、タフ



なところに尽きます。


何回も着ていくたびに馴染んでいく感覚や、適度なサイズ感で体の動きを妨げない形、全然くたらない強さは、他のシャツではなかなか味わえないと思います。


試着だけではわからない、実際に着用していって初めて感じる部分ではありますが、


見た目がベーシックなだけに、この差はかなり大きいです。


f:id:GMTinc:20170224170747j:plain



是非着て、着続けて、体感してみてください。


本田